小さなもの 古いもの お花のある暮らしが好き。もの作りと何げない日常を 綴っています。


by nono_ra
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:思うこと( 34 )

2冊のノート







f0167007_13520573.jpg





赤いノートはTO DOリスト、ネイビーのノートは
心のアンテナに引っかかったものを何でも書き留める
マイノート。


今までは思いついた時にメモを取ったり、
手帳に書いたりしていましたが、
そのままで終わりか、見返した後に
捨ててしまっていました。

ブログ「OURHOME」のEmiさんが
6月に出版された本「マイノートのつくりかた」を読んで、
何度も見返すことが何よりも大事!と気づき、
早速ノートを2冊用意しました。



Emiさんも著書の中で書かれていますが、
デジタルにはないアナログの良さを感じています。

デジタルのEvernoteをリスト作りや記録用に
便利に使っていますが、
心のアンテナに触れたものは、デジタルではなく
手書きの方が自分の心にも響くように感じて、
最近、忘れがちな漢字も使い
日々の暮らしの気づきを
メモがわりに書き留めています。

そんな折
近くの書店でTWO IN ONE という
クラシックデザインのノートブックウェアを
見つけました。
ペンホルダーと2本の栞紐が付き、
両袖にノートを1冊ずつ収納することができる
ノートカバー

ノートは、キッチンのテーブルで
書くことが多いので、
カバーの色はキッチンのアクセントカラーの赤に♪
これなら絶対忘れない。
フェイクレザーですが、質感も気に入って
今、身近にあるのがちょっと楽しみな
マイノートなんです。










f0167007_14124252.jpg



ブラウンとアイボリーの組み合わせも気に入っています。

こちらは別の用途で・・・








by nono_ra | 2017-08-02 14:31 | 思うこと | Comments(0)






f0167007_12113663.jpg




心地よい暮らしを目指して、インテリアを考えたり
お部屋を整えたりするのが好きです。

自然に好きなものが集まった空間を
私らしいと言われるととても嬉しい!




どんな暮らしがしたいか。
自分らしく、どう生きていきたいか。
子どもたちが皆、独立して
自分に立ち返った今、
これからのことを模索している私です。






f0167007_12132746.jpg











by nono_ra | 2017-07-08 12:33 | 思うこと | Comments(0)




テニスに続いて、再び始めたもの




f0167007_19372877.jpg




昔、お琴を習っていましたが、
お琴の先生が腰を悪くされてお教室を閉じられてから
もう20年になるでしょうか。

その後も
先生と生徒さんの一人Mさん、そして私の三人で
時々ランチをしながら
おしゃべりを楽しんでいました。

以前の記事はこちらです→



今回、ランチの後に我家でお琴を弾きませんか?
という私の提案に、
先生からもMさんからも弾むような声で
嬉しいお返事が!

やっぱり三人とも純粋にお琴が好きなんですね。
年齢も離れているのにそう感じさせないのは、
きっとお琴でつながっているから


急遽決まったことなので練習をしている暇もなく、
(ホコリを落とし準備をするのがやっとで)
ぶっつけ本番!

まずは琴柱を立てて音合わせ。そして
15年振りにお琴を弾きました‼︎

もう何もかも忘れている生徒二人(笑)
流石に先生は凄い!の一言です。
腰が悪いのも感じさせない響きのある音色で、
私たちを引っ張っていってくれます。



f0167007_19383109.jpg


お琴の楽譜です。


始めは弦を間違えてばかりでしたが、
何とか弾いていると
そのうちに、所々手が覚えている箇所があり
うれしくなりました。
そして何とも言えない充実感!

優雅なイメージとはほど遠いですが、
もっと弾きたい! 
上達は難しいけれど、昔の自分位になりたいなと。


半年後は、合奏をするという目標もできたので、
孫の相手と庭いじりの合間に、
たまにお琴を弾いて楽しもうと思います♪

こんなゆるい感じがちょうどいい!
。。(*´꒳`*)







by nono_ra | 2017-06-12 23:34 | 思うこと | Comments(0)

心境の変化





ピラティス、ヨガ、ストレッチ…
休みながらもマイペースで通い続けて、
かれこれ10年。

最近マンネリ化してしまったので、
半年ほどフィッネスをお休みして、
再び戻るつもりでいた所、
テレビのテニス中継を観ていたら、
無性にテニスがやりたくなりました。



何十年ぶりかのテニス‼︎
若かりし頃に戻って
(さすがにミニのワンピースやスコートは着れませんが、、)
アクティブにボールを追って
汗を流すのもいいかなと思い、
春からテニスを始めました。



もうすぐ“還暦”を意識しているせいか、
子どもの頃、習っていたものを
また始めたくなっています。


不思議な気持ち。 そう、懐かしくも新鮮〜‼︎
歳を取ったっていうことかなぁ…




f0167007_20250627.jpg




f0167007_22210282.jpg


庭のお花たち










by nono_ra | 2017-05-28 22:44 | 思うこと | Comments(4)

続けるって凄いこと。




最近は起動の遅いパソコンよりも気軽にスマホで見ることが多く、
私のブログもすっかり ご無沙汰してしまいました。
久しぶりのパソコンでとまどっていますが、
ここ2、3ヶ月の間に出かけた所、感じたことを思いつくままに書いていきます。





先ずは、2月にコンスタンツェハウスで行なわれたバイオリンのコンサートのことを。


f0167007_19123062.jpg



f0167007_14592385.jpg


 会場内の温かい雰囲気
演奏者のトークで、ぐっと身近に感じられます。


f0167007_15005205.jpg



演奏者は、ヴァイオリン 江頭摩耶さん
ピアノは、戸谷 誠子さんです。


f0167007_15022156.jpg





いつものように私はキッチンでお手伝いをしました。
90数名のお客様にサービスする
コーヒーとティーカップの準備をして

f0167007_15032858.jpg




こちらは、ななちゃんが作った4種類のシフォンケーキ。

f0167007_15064695.jpg

もうプロ並みです。



f0167007_15054737.jpg




そして、この日は以前もこのブログでご紹介したことがありますが、
鈴木絢子さんのドールハウス展示も行なわれました。

今までの大作と、新作をいくつか

撮影の許可を得ましたので、
素晴らしい作品をご覧くださいね。



f0167007_19145342.jpg




f0167007_19044503.jpg

f0167007_19053060.jpg


f0167007_19062482.jpg


f0167007_19070488.jpg



f0167007_19073458.jpg

f0167007_19080574.jpg

f0167007_19085010.jpg





f0167007_19095095.jpg



f0167007_19105834.jpg




鈴木さんのドールハウスに懸ける情熱は素晴らしい!の一言。
大病をされたそうですが、その後もドールハウスを作り続けて
81歳になられた今も新作を発表されています。












3月には、シュトットガルト弦楽六重奏団コンサートが行われました。
シュトットガルト弦楽六重奏団は、
ドイツのシュトットガルト放送交響楽団の主席奏者を主要メンバーとして
1970年に結成されたそうです。
世界各地で演奏活動を行い1990年に初めて来日。
コンスタンツェハウスは、2004年から4回にわたりコンサートを行なっています。

演奏の素晴らしさはもちろんですが、結成以来、45年間続いていることにも感動!



コンサート終了後は、
ななちゃんのご主人が腕を振るった絶品お好み焼きを皆で堪能しました。







そして今月から・・・
次男は東京勤務となり、三男は横浜で社会人としてスタートを切りました。

私自身も30年間の子育てが一段落。
さて、これからどうしようか

限りある人生なので今後、何を整理し、何を続けるのか。。



いつか仕事を終えたあとも
自分自身が楽しみながら社会に貢献できる
何かを見つけていきたいなぁ と考えています。


答えはきっと自分の中にあるんでしょうね。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ











by nono_ra | 2015-04-01 21:22 | 思うこと | Comments(0)

食生活改善! 





f0167007_16244479.jpg





以前、こんなノートを付けていましたが、
今度は、血圧手帳を付ける事になるとは、、、


ちなみに以前のノートは、私にしては珍しく5年間も続きました。
歩くことと簡単な生活習慣改善を続けて、6kg減!
今は現状維持で。。いいえ、理想は、おなか周りをもう1~2㎏減らしたい~~




そして、今回は血圧の話。
スポーツジムに行くと必ず血圧を測っていましたが、
徐々に上がっていくのは、まあ年のせいかなぁ..と思っていました。

数年前から受けていた定期健診でも
血圧は変動があるので、少し高めでもあまり気にせず、
それが重い病気につながるとは思っていませんでした。


高血圧は自覚症状がほとんどなく、
知らないうちに合併症が進んでいくので
“サイレント・キラー”(沈黙の殺し屋)と呼ばれているそうです。

今回、主人の緊急オペ(突然、血圧が上がったことによる大動脈解離)や、
それが原因で、私の血圧も200以上に上がってしまい、
今は正常値に戻ったものの高血圧の怖さを実感!!!

それ以来、毎日血圧を測って記入しています。


病院で栄養指導を受けてからは、食生活の見直しも。
ポイントは、塩分を減らし、食生活全体のバランスに注意すること!
スーパーで食品のナトリウム量をしっかりチェックし、
調味料にも気を使うようになりました。


食生活の改善は、まだ始まったばかりですが、
健康でいられるように、無理なく気長に取り組んでいきたいものです。


 皆さんも健康には気をつけてくださいね~。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ








by nono_ra | 2014-07-12 21:29 | 思うこと | Comments(2)

優しい時間




f0167007_13272283.jpg


アイスバーグが、ふんわりと咲きました。
眺めていると優しい時間が流れて
師走になったのも忘れてしまうほど。



新しい手帳には、
年内にやることリスト、
2014年の夢リストを書いて
新しい年に思いを馳せる~***






さて*
現実にもどって、やることリストをこなしていこう!っと。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
by nono_ra | 2013-12-07 13:28 | 思うこと | Comments(0)

蝶のモチーフに惹かれて






蝶をデザインした名刺を作ってから、
何げなく選んだものになぜか蝶のモチーフが多いことに気づきました。

見回してみると
身につけるもの、家の中のお気に入りのモノたちの中にも





f0167007_21584244.jpg




扇子、アンティークのポストカード、
染付けの器、素焼きの鉢、・・・
もう7、8年使っているキーホルダーも。
この形と色がバッグの中でも探しやすくて、
たぶんこれからも使い続けると思います。





こだわって集めているわけでもなく集まってくるモノたち。
歳を重ねるごとに蝶のように軽やかに生きていきたいと願う気持ちが
蝶に惹かれる要因でしょうか。





ひらひらと舞い降りた蝶。

f0167007_22115029.jpg




蝶は 幸福や愛、チャンスを運んでくれると言われています。
私のところに舞い降りた蝶を大切にしたいものです。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ




追記: クラフトフェア初日、会場はもの凄い人でした。
    私のブースにも大勢の方が訪れて下さって、感謝の気持ちでいっぱいです。
    ありがとうございました。
    懐かしい人との再会、わくわくするような素敵な出会いもありましたよ。

    明日もまた行ってきます!
by nono_ra | 2012-09-16 22:03 | 思うこと | Comments(0)

書を捨てよ、町へ出よう




f0167007_22255884.jpg




連休中、家で過ごしてゆっくり休養したら、アクティブに外へ出かけたくなりました。
ふと、多感な10代の頃読んだ本
寺山修二の「書を捨てよ、町へ出よう」を思い出しました。

今朝、軽く新聞に目を通すとこんなコラムが・・・



ゴールデンウィークも終盤。これから出掛ける人も多いだろう。
▼ただ、若い世代は出無精なのだろうか、GWは「自宅で過ごす』と答えた20~30代が6割を超すことが分かった。いわゆる「イエナカ」志向の強さを表す結果だ▼確かに「混雑するなら出掛けたくない」気持ちは分からなくはない。何も人が集まる場所に行く必要はない。誰もいない場所で自分だけの発見に感動すればいい。遠出する必要もない。街角で足元を見つめ直すだけでいい▼「書を捨てよ、町へ出よう」。詩人で劇作家、故寺山修二の評論集のタイトル。旺盛な好奇心で、日常の中の見過ごしてしまうような些細なことから、その裏にある深い意味を探り出す▼並み外れた想像力を駆使し、文章で演劇で縦横無尽に独自の世界を表現した空想家。「家出のすすめ」-。外に飛び出せば決して退屈することはないと、若者を挑発した▼きょうは「みどりの日」。木々の緑は勢いづき、風は夏の薫りを運んでくる。喧騒の中でもいい、ゆっくり深呼吸してみる。29年前の5月4日、寺山修二は書を捨てて、47歳で旅立った。




今日が命日だったなんて驚きましたが、懐かしい本の数々を思い出しました。


午後からは久しぶりにスポーツジムに行き、
明日は、私の好きな場所へ出掛けようと思います。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
by nono_ra | 2012-05-04 22:27 | 思うこと | Comments(0)

逢いたい...




毎年のように、2月の日展の頃と5月の新緑の季節になると
展覧会の案内状が届き、
私はひとりで、あるいは高校時代の美術部仲間と一緒に
先生の絵を観に行きます。

運がよければ先生にお逢いできてロビーでお話したり、お茶を飲んだり・・・
もう何十年も続いていて、
私の人生の中でかけがえのない時間でした。




高校2年の夏。

学校には内緒で ( ばれたら先生はクビでしたが、、)
先生と美術部員十数名で、長野までスケッチ旅行に出かけたことがあります。
夜中までしゃべり、ロッジに皆で雑魚寝をしたのもよい思い出。
その時、先生は28歳でした。


スペインが好きで、スペイン人のようなどこかひょうひょうとした大らかさと
優しさと画家としての見る目を持った鋭さと。どこにもない魅力で、
描かれる絵もやはり先生らしさに溢れていました。


f0167007_11553775.jpg




昨年の夏。
先生の絵画教室に通っている友人から、スペインへのスケッチ旅行に誘われた私は、
もう描いていないこともあり、断ってしまいました。


先生は誰にも話さなかったんですが、
再び癌に侵されていて、
これが最後のスペインと覚悟をされていたのでは。。



昨年の秋に、そんな大切な尊敬する先生を失って、
今も心の片隅には、悲しみと後悔と感謝の気持ちが入り混じります。




先日、5月の展覧会に入選した友人から案内状をいただきました。
もう先生にはお逢いできませんが、今もがんばっている友人の絵と
先生の最後の絵に逢いに行ってきます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
by nono_ra | 2012-05-02 11:51 | 思うこと | Comments(0)