小さなもの 古いもの お花のある暮らしが好き。もの作りと何げない日常を 綴っています。


by nono_ra
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いのち


f0167007_12203568.jpg
                 今朝、庭に咲いた薔薇。



思いもかけない出来事が次々と起こり、
ブログの更新もできず、今日になってしまいました。

何よりも悲しかった出来事は、
飼っているフェレットのドブが生死をさまよっていたこと。。。
娘がぐったりしているドブを見つけ、二人で慌てて病院に連れていきました。
もう今にも死んでしまいそうなほど弱っていて、獣医師からは、このまま連れて帰るか、
検査をするかどうされますか?と聞かれました。
検査をしている間に死んでしまうかもしれない。でも、検査をすれば、前に進むことは出来る。
迷った挙句、ドブの生命力を信じて検査をしてもらうことにしました。
私も普段泣いた事もない娘も涙ぐみ、家に帰ってからも何も手につかず、でした。
電話がかかって来ないからまだ生きてるね。
ドブは強運のフェレットなんだし。。。などと二人で話していました。


その夜、入院しているドブの様子を見に病院に行きました。
娘がこんな しおらしいドブは初めてみた・・と驚くほど
ドブはおとなしく、私の手のひらに顔をのせてきて、じっとしていました。

先生のお話から、
緊急なので検査をしながらの、点滴と投薬治療で、
最悪の状態からは脱した気がしました。
検査結果は、、、右の副腎の癌でした。
以前、左の副腎の癌になっているので、いつかは右も・・・と、おそれていた事が現実に、、、

まだまだ油断はできませんが、
今後の治療の事や体が回復してからの手術の話も出て
希望が見えてきました。



そして、子供たちにもさまざまな出来事が・・・。
今まで、何事も運の良さで乗り切ってきた娘。
この不況の中での就職活動は思いのほか厳しくて、
最後の望みも消え、また振り出しに戻ってしまいました。
初めての挫折。
この会社とは縁がなかった~と言って強がっていましたが、
内心は、へこんでいるのがわかります。

そんな娘にも少し希望の光が・・・
お声をかけて下さった会社がありました。
まだ先はどうなるかわかりませんが、
娘が自分で切り開いていくしかないのでしょう。



              
その後のドブのこと。。。 
 少し安心したのもつかの間、
 新たに検査で心臓の病気(拡張型心筋症)になっていることがわかりました。

f0167007_12354033.jpg

一日2回 ドブに会いに行きましたが、
呼吸が速く、予断を許さぬ状態でした。
入院3日目の早朝、
病院の先生から電話があり、
ドブが亡くなった事を知らされました。
つい数日前までは、とても元気だったのにと思うと
病気に気付いてやれなかったことが悔やまれます。
家に連れて帰りましたが、
ドブは本当にやすらかに眠っているようでした。



  小さないのちは天国へ旅立ちました。




こんな寝顔にずいぶんと癒されました。
f0167007_202043.jpg

     私たちの所へ来てくれてありがとう 。。。 ドブ
by nono_ra | 2009-04-27 22:12 | 家族 | Comments(4)

出会い*




とってもうれしいメールが届きました。

f0167007_17494127.jpg


10年前に、スイスからイタリアに向かう列車の中で出会ったM氏から
この夏に2人の子どもを連れて日本に行くので岐阜か京都で会いませんかーと。

思いがけない突然のメールに驚きましたが、
うれしくって 出会いってなんて素敵なんだろう!と心から思いました。





1999年、私は両親とヨーロッパを旅行していて、 (以前の記事です。)
列車でミラノに行く途中、
たまたまM氏が一人で座っていたコンパートメントに相席しました。

ふとしたきっかけからM氏に話しかけられ、
私たちはミラノに着くまで、
私の下手なドイツ語と(汗)、母のゼスチャーで(笑)会話をしました。
(M氏はスイス人で、フランス語、ドイツ語、英語を話します。)

家族のことが話題になった時、彼も4人の子供さんがいて、
末っ子の息子さんが空手を習っていると聞いて、とても親近感を持ちました。
(わが家の子どもたちも空手をやっていました。)


その後、日本に戻ってから、1,2度彼の奥様と手紙のやりとりをし、
お互いに写真を送りあったりしました。
M家の子供さんたちは、女の子3人と男の子が1人。
当時、19,17,15,8歳だったので、今は+10歳の年齢になっている筈です。



不思議ですね。
たった一度お会いしただけの方なのに、、、
とても懐かしく 以前からの知り合いのような気持ちです。

旅先での出会いだからでしょうか。。。
それとも10年の歳月がそう感じさせるのでしょうか。



この夏、M氏との再会と、成長された子供さんたちにお会いできるのを
今から心待ちにしている私です・・・♪

 (しかし、、、英語もフランス語もできないわたし。。。)
               

なんとかへたなドイツ語でがんばらねば・・・(^_^;)
by nono_ra | 2009-04-20 18:06 | 旅の風景 | Comments(8)

週明け、久しぶりに
お花屋さん「オフリール」のフラワーレッスンに行って来ました。

扉をあけると小さな動物たちがお出迎え。
f0167007_17261444.jpg


この日は、私の友人もお友達と一緒に参加して、
いつもより賑やかなレッスン風景でした。
レッスンテーマは「ミステリアス スマイル」。
神秘という花言葉を持つ真っ赤なガーベラを主役にしたスタイリッシュアレンジを学びました。

花材は、
     ガーベラ(ピンタ)
     てまり草
     カーネーション(グリーン・白)
     ライスフラワー
     ビバーナム
     ブプレリューム
     ハートカズラ

はじめにガーベラ6本をドーム型にし、まとめてアレンジの中央に挿し、
f0167007_18105743.jpg


その足元に、もう一つドーム型を作ります。
f0167007_1718057.jpg


グリーンと白の配色を考えながら形作り、
ふわっとしたブプレリュームで変化をつけて、
最後に ハートカズラで遊び心を加えたアレンジメント。





ちょっとミステリアスを意識して写真を撮ってみました~^^
f0167007_0564864.jpg

















f0167007_0564567.jpg

絵の前に置いて・・・

f0167007_2112195.jpg


場所を取らずに目を引くアレンジですね~。



f0167007_23252079.jpg

本日のスイーツは、
      「やわらかマフィンケーキ」。

市販のケーキに、
手作りのマンゴーピューレとドライマンゴーを添えて、
お花の赤とグリーンにイエローのケーキが
つややかさを加えていました。
こんなひと手間って大事ですね~。



先生、ご一緒した皆さま ありがとうございました♪
by nono_ra | 2009-04-15 18:44 | 花 ・ フラワーアレンジメント | Comments(6)

いつもバスケット ♪

バスケットの好きな私は、布や裁縫道具やサプリメント・・・など
いろんなものを入れて、家の中のあちこちに置いています。

f0167007_10315423.jpg


こちらは私のコスメ用バスケット。
中には、化粧水や美容液、クリーム、コットン、そして最小限のメイク用品、
歯のケアー用品いろいろ。
シンプルに本当に必要なものだけを入れたもの。

以前は、たくさんの(高価な)化粧品を勧められるままに購入し、
夜のスキンケアーも時間をかけてがんばっていました。
でも、やればやるほど肌の状態が悪くなり、そのうち、湿疹が出たりして
自分らしくないんじゃないかと気付きました。

一年前に添加物のないナチュラルな化粧品に替えてからは、
本当にシンプルなお手入れ法に変えました。
化粧品に関しては、特に関心があるほうではなく、
また、使い続けていかないとわからない部分もありますが、
歳とともにできるだけ自然なものを使いたいという気持ちが強くなりました。


上のメイクアップミラーは片面が10倍の拡大鏡になっています。
毛穴までしっかり見えて、ちょっとこわいですが、、、(^_^;)
ここ数年来、
近くのものが見えにくくなっている私の必需品になっています~(笑)


皆様もお気に入りのものがありましたら、おしえてくださいね・・・♪
by nono_ra | 2009-04-13 11:05 | 家・インテリア・収納 | Comments(6)

f0167007_14104090.jpg


一昨日発売のユーミンのアルバム 「そしてもう一度夢見るだろう」
う~ん いいね* このタイトル。 
 ジャケットのデザインも素敵!

ピカデリー・サーカスを聴いていたら、もう一度 旅したい気分になりました*


3年ぶりのこのアルバム。
今の私の気持ちにぴったりと合って、
励まされるようで
家の中でも車に乗っても繰り返し聴いています。
by nono_ra | 2009-04-10 00:34 | 思うこと | Comments(2)

川原町屋でお花見ランチ

 
お天気も良く、絶好のお花見日和の日曜日。
この日は、子どものママ友さんと4人でランチを楽しみました♪

f0167007_2283534.jpg


赤いポストが目印の「川原町屋」
情緒漂う日本家屋のギャラリー&和カフェです。
明治時代は和紙問屋だったそう。
f0167007_22113489.jpg



中に入ると、和雑貨がたくさん。
のれんをくぐって、奥へどんどん進み、、、
母屋を抜けるとぽっかりと空が見える小さな中庭。
その奥の蔵がカフェになっています。


分厚い土塀に赤い扉。
この日はピアノの演奏が行われていました。

f0167007_11361567.jpg


靴を脱いで、私たちは2階のソファ席へ・・・

実は、、、
久しぶりにお会いした友達と話しが弾み、
すっかり写真を撮り忘れていて、気付いたのは食事を終えての帰り際。。。^_^;
あとから外の月見台やギャラリー、お店の写真を撮ったんですが、
綺麗なお花見ランチの画像がないのがとても残念!
せめてこちらのメニューで。。。

f0167007_11493247.jpg


おしゃべりをしておいしいものを食べて、
親たちだけの贅沢な時間。
こんな時間は本当に貴重で、
これからも大切にしていきたいなと思います。


細~い路地を通り月見台へ  友人も羨ましいほど細い~っ☆
f0167007_14261527.jpg



赤い和傘が印象的な月見台。 
この日は風もなく暖かかったので、ここで食事をしてもよかったぐらい。
金華山の頂上にちょこんと見えるのが岐阜城です。
f0167007_2234568.jpg



その後、この近辺をぶらぶらと散策。。。
岐阜公園の北側にある日中友好庭園の桜も見事に咲き誇り、
あちこちで花見の宴が行われていました。

f0167007_22393354.jpg


f0167007_22351452.jpg


f0167007_1601587.jpg


f0167007_264598.jpg


f0167007_2314797.jpg


f0167007_15284091.jpg




庭園を出て、川沿いを歩くと・・・
長良川に浮かぶたくさんの屋形船。
f0167007_22544775.jpg


お料理を楽しめる風流屋形船。
f0167007_23142633.jpg


f0167007_22525234.jpg

f0167007_2255491.jpg


ちょっと観光地を訪れた気分でした。
岐阜に住んで23年。
岐阜の伝統文化である長良川の鵜飼をまだ実際に
観たことがないんですよ。
いつか・・・と思いながらも過ぎていく。。。
近くにいたらそんなもんかもしれませんね。

   *    *    *    *    *    *


友人と過ごした、楽しくうららかな春のひと時でした。
明後日から、子どものお弁当作りが始まります。
さぁ またガンバロー*っと。
by nono_ra | 2009-04-06 19:30 | ランチ&ディナー | Comments(2)

桜を愛でる



可憐な桜の花びら。
周りもふんわり桜色に染まって・・・
f0167007_9565365.jpg

f0167007_22444148.jpg

                      

大木の幹からも桜が・・・
f0167007_20563334.jpg

                    

優しげに風に揺れる桜に見惚れてしまいました。
f0167007_2126856.jpg

                    

新境川の桜まつり
f0167007_805084.jpg

                      
新境川堤の桜並木は、毎年 お花見に出かける桜の名所。
「百十郎桜」と呼ばれる1000本以上もの薄紅白色のソメイヨシノが
風に揺られて咲いていました。

もう春ですね。
桜の咲く季節になると、なぜか心が弾み、浮き足立ってしまいます。

わずかな時期に咲き誇る桜を
一人静かに愛でる、大勢で楽しむ・・・。
桜と共に過ごした思い出が積み重なって
新しい春を迎えます。

暮らしを楽しみながら綴ったブログももうすぐ一年。
何かを始めるのに、この季節が
いつも後押ししてくれるような気がしています。
by nono_ra | 2009-04-04 14:22 | 暮らしを楽しむ | Comments(2)