小さなもの 古いもの お花のある暮らしが好き。もの作りと何げない日常を 綴っています。


by nono_ra
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ドールハウス ( 20 ) タグの人気記事




二年前にカーテンを新調してから、
家具にペンキを塗り
所々、模様替えをしてきましたが、
今年は天井の照明と壁紙を張り直す計画を立てています。。

ちょっと大掛かりになるので、
部屋の設計図を持ち、馴染みのインテリアショップで
ざっと見積りを出してもらうことにしました。


f0167007_13184492.jpg


以前はドールハウス製作をしていた自宅アトリエ



階段を上がると自分だけの世界が広がり、
夢中になって夜中まで製作に没頭していました。
若かったんですねー笑


このブログを始めた頃、
アトリエの作業机の上は、展示販売をするために作り貯めた
ミニチュアの小さな花でいっぱい!
そんな状況が、たまたま私のブログタイトルになりましたが、、(笑)



現在は私の寝室を兼ねた部屋になり、
もう長い間ドールハウス製作から遠ざかっています。

歳を重ねるにつれ、細かいものが見辛く
根気もなくなったこと、
製作時間があまりにもかかり過ぎて、
他にもやりたいことがたくさん出てきたことなどが主な理由です。

それでも やっぱり小さなものが好きなので、
私のライフワークとして、ドールハウスにこだわらず、
もっと幅広く自由に
手作りを楽しみたいと思うようになりました。



この機会に使わない材料は思いきって減らし、
新たな気持ちでスタートしよう。




手作りには心をなごませ
豊かな気持ちにしてくれる力があります。

いつか新しくなったアトリエから
自分らしいものを手作りし発信していく。
そんな場所にしていけたらいいなぁ。。
願いつつ・・・






by nono_ra | 2017-01-28 20:27 | 家・インテリア・収納 | Comments(0)

小さなものでつながって






f0167007_20249.jpg
                                      アクティブG 3Fから




年に1度のアートのお祭り 『 GIFUクラフトフェア 』。
今年は183ブースが出店し、
2日間のイベントは大盛況でした。
私も大勢の方とミニチュアでつながって、交流することができました。




実は最近、身内に病院通いや入院などが相次ぎ、
私も気をつけなければ...と思っていた矢先、
作品搬入時に足の指を捻挫してしまいました。

みるみる腫れて靴が履けなくなり、急きょサンダルを買いに走りましたが、
何とか搬出まで一人でやり終えて、疲労感とともに達成感も大きかったイベントでした。


今は、多くの方に見ていただいて、作品を購入していただき
お部屋のどこかに置いてもらっているかと思うと本当にうれしいです!!





しかし、今回も課題だらけで・・・
この限られたスペースで、自分の世界が出せるように作品も
展示方法も考えていかなければと痛感しました。




* お越しいただいた皆さま ほんとうにありがとうございました。*

ちらしに私の名前を見つけて足を運んでくださった方々や
ブログを見て立ち寄ってくれた友人たちにも感謝です。
大きな励みになっています。

そして、小さなものでつながって、
偶然、知りあったドイツ在住のSさんとそのお嬢さん
来年♪ あるいは再来年? ミュンヘンで再会できることを願って...




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ
by nono_ra | 2012-09-21 20:02 | ドールハウス | Comments(0)




今年もいろいろな方々から刺激をいただくために、そして自分に喝!を入れるために
GIFUクラフトフェアに応募しました。



9月16,17日の2日間ですが、幸運にも出店が決まりましたのでお知らせいたします。
2年ぶり三回目の参加になります。
 
先月から、出品する作品を少しずつ作っています。
ドールハウスは新作がなくて申し訳ないのですが、
お部屋にちょこんと飾るミニチュアや
見本品をお値打ち価格で販売いたします。



また来年度からの
ドールハウス教室の生徒さんを募集いたします。
詳しくはイベント会場にてー。
<アクティブG会場 私はブース№31です。>



お時間がありましたら、ぜひ遊びに来て下さいね♪



11 th GIFUクラフトフェア
9/16(日)−17(月・祝)
10:00〜19:00
アクティブG、岐阜シティ・タワー43、JR岐阜駅にて





f0167007_22411142.jpg




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
by nono_ra | 2012-09-05 22:39 | お知らせ | Comments(4)

8年前の作品展



f0167007_15531396.jpg



2002年の松井美佳さんのチェロコンサート時に、
私のドールハウスをギャラリーやお部屋に
展示させていただく機会がありました。




先日の記事、
アットホームなコンサート*ドールハウスにも書きましたが、
お部屋のあちこちに飾って見ていただく形の作品展は、
私にとって初めての経験で、
ドールハウスをお部屋のインテリアとして考えるきっかけにもなりました。


作る楽しさに飾る楽しさ そして見てもらう楽しさ!

飾るうちにナチュラルなグリーンやリースとの組み合わせで
素敵になることも発見!


8年前の作品展の様子をごらんくださいね。
 (写真は古いアルバムを写したものです。画像が悪いのですがご容赦ください。。)




ホール入り口。
ドールハウスの中を写した写真を壁に。


f0167007_18444062.jpg





階段下のニッチ。

f0167007_18422441.jpg






テーブルの上や壁に飾ったリースの中に。

f0167007_18363142.jpg






ピアノの上に。

f0167007_18344872.jpg






壁に蔦を這わせた
キッチンの側のニッチ。

f0167007_1836411.jpg







ミニギャラリーには、大きな作品を。

f0167007_1841790.jpg





ハウスも。
f0167007_1856761.jpg






出窓は小さなクリスマス♪

f0167007_18521397.jpg






トイレや

f0167007_18453685.jpg






洗面室にも。

f0167007_1992291.jpg







この時も100名近いお客様をお招きして、
スタッフのKさん手作りのシフォンケーキでカフェタイム。


f0167007_18472422.jpg





この作品展がご縁で、市岡さんご夫妻と
親しくお付き合いをさせていただくようになりました。

私にとってドールハウスは
たくさんの素敵な出会いや想いを詰め込んだ
宝箱なのかもしれません。


                         



f0167007_1559042.jpg





f0167007_15592654.jpg

                                        (古いアルバムから)




 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ


* kayoさ~ん いつも来てくださってありがとう!
   こんなボケボケ写真ですが、作品展の雰囲気だけでも伝わったかしら。。
   
   作品展も遠い昔のようであり、まだついこの前のことのようでもあり・・・
   いろんな思いが駆け巡ります。

   この先のことはわかりませんが・・

   これからも大切なものを見失わないように
   視野を広くして、
   夢を追いかけていこうと思います。
by nono_ra | 2010-10-27 11:08 | ドールハウス | Comments(4)



f0167007_1046543.jpg







f0167007_10473956.jpg




 




f0167007_10492253.jpg








f0167007_10502778.jpg








f0167007_1051237.jpg






壁掛けにもなるフレームタイプのドールハウスは、
雑貨やさんなどで委託販売をしていたものです。

前面は上下にスライドできる透明アクリル板。

小さくてもどこかに遊びの部分があってほしいので、
扉の開閉やワンちゃん、チェストの引き出し、
おもちゃ箱の蓋、時計、秤、テディベアなど、
動かしたり取り外せるようになっています。 



こんな小さなドールハウスでも
フレームから作ると とても時間がかかってしまうので、
もう販売するドールハウス製作は止めようと思っていましたが、
いろいろなヒントをいただいて、
もう一度お部屋のインテリアとして
楽しんで貰えるドールハウスを作りたいと思いました。



思いきってフェアに参加してよかったぁ~見切り発車でしたが、
外に出るって大切ですね~

家にいた時、なかなか一歩が踏み出せなかったのは、
迷いがあったんだと思います。


自分はどうしていきたいのかって、ずっと考えていた答えが
ようやく見つかりました。



まだまだ課題はいっぱいですが☆
小さな目標と大きな目標が見えてきたので、
ゆる~くでも製作していこうと思います。





まずは、時間をとって、作ること!ですね。 

      山梨の工房で、もの作りをされているNさん いろいろとありがとうございました。






    ↓応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ
by nono_ra | 2010-10-05 10:54 | ドールハウス | Comments(2)


最近、マイガーデンの話題ばかりで庭ブログのようになっていますが、、、
昔、小さなスイカを作ったことがあります・・・


粘土で作るミニチュアのスイカです^^
久しぶりにドールハウスの話に戻りますね♪

お店で買ってきたスイカを見ながら粘土で形を作り、色づけをしました。
普段見慣れたスイカですが、
じっくりと見ると複雑な縞模様に驚いた覚えがあります。


f0167007_1436161.jpg



他に、オレンジやりんご、メロンなどテーブルには果物をどっさり並べ、
作り終えるまではどれもお預け。。

f0167007_1437093.jpg




f0167007_1437402.jpg




f0167007_14382252.jpg



こうして出来上がったのが
壁掛けタイプのやおやさんのドールハウスです。
  

f0167007_14385922.jpg



                (もう手元になく、昔の写真からの画像なので写りが悪いです。。) 


キッチンで使っていたカッティングボードの図柄をヒントに
果物や野菜が並んだショーウィンドゥを作りました。

木工に粘土が加わり、試行錯誤をしながら作った私にとって思い入れのある作品です。
この作品を元にして、ドールハウス「GREENGROCERY 」 が出来ました。



                        ―――――*★*―――――

       
      ヨーロッパに行くとお店の前に立ち止まり、見入ってしまうのがこんなショーウィンドゥ。
                         見せ方が本当に素敵!

                         初めて一人旅をした時、
                     観光名所やお土産やさんはそっちのけで
                お店の看板やショーウィンドゥの写真ばかりを撮っていました。

                          
  
   ↓応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ
by nono_ra | 2010-08-06 15:06 | ドールハウス | Comments(0)


このところ、本に夢中になってしまい、
久しぶりのブログアップになってしまいました^^;



「アンティークとの出会い」で、ちょっと触れた裁縫箱のことが気になって、
数年前に切り取った雑誌を探してみましたが見つからず・・・
(ドールハウスが載っていたので大切に大切に切り取り、どこにしまったのやら、、、 ヤレヤレ; )

それなら、、とAmazonで検索して、この本に出会いました。


 「藤田嗣治 手しごとの家」     林 洋子著
f0167007_2242890.jpg


画家・藤田嗣治は生涯のほぼ半分をフランスで暮らし、
晩年にはフランス国籍を取得。
1961年から68年の亡くなる直前まで
パリ郊外にある「メゾン=アトリエ・フジタ」で暮らしました。
その家で、身のまわりのものを手づくりし、パリの蚤の市や旅先で買い集めたもので、
自宅を自分好みに、作品のように丁寧に時間をかけて装飾していきました。
その装飾や手作りの品、収集品など、これまでほとんど知られることがなかった、
藤田の「画家」以外の側面を紹介した本です。



早速、裁縫箱を探してみました。


パラパラとページをめくると、 あ、ありました!
メゾン=アトリエ・フジタの居間の赤レンガで造られた暖炉の上にそれらしきもの。
小さ過ぎてはっきりとはわかりませんが、木でできた四角い箱がみえます。

その後、読み進めていくうちに、1936年に描いた《自画像》のなかに
四角い裁縫箱が描かれていました。
この時代に普通に使われていたものだと思いますが、
引き出しの数も、上の蓋が半分折れて開くのも
何から何まで私が持っているものと同じ@@



最後に暮らした家の暖炉の上にある四角い箱が、
この和の裁縫箱だと思うと、うれしくなってしまいました。
日本の裁縫箱をフランスまで持って行き、使い続けていたんですね。
そして、それは洋のインテリアに
不思議と違和感なく溶け込んでいました。



この画家のことがもっと知りたくなって、次に読んだのは・・・


 「藤田嗣治「異邦人」の生涯」     近藤史人著
f0167007_234386.jpg


2006年に生誕120年藤田嗣治展が開催されたとき、
京都国立近代美術館に出かけましたが、
この本を読んでいたら
もっともっと深く、描かれた作品の背景や
画家の心情まで読み取ることができたのに、、、と思いました。

f0167007_23142265.jpg



「藤田嗣治 手しごとの家」に話は戻りますが、
この本には手作りのドールハウスが2点載っていました。


1948年製作 「私たちの家」 と 
1953年製作 「私のアトリエ」。


1948年の作品は日本で、
53年のものは、パリでつくられました。
引越しのたびにこうした作品を新しい家・アトリエに運んだんだそうです。

1950年、パリに帰還した画家の仮住まいのホテルで
写真家ロベール・ドアノーが撮影した写真には、
藤田夫妻とともに1948年に作ったドールハウスも写っていました。
彼がこの手作りの夢の家をとても大切にしていたのが窺えて、
なんだか急に親近感が沸いてしまいました^^


そして、この温もりのあるドールハウスが、
「フランスの田舎家 」というタイトルで、製作風景まで添えて
『婦人画報』1949年4月号に掲載されていたことを知り、
その本を手にしたくて、古本屋さんで探してみることに・・・。


はたして、61年も前の本が見つかるかしら???と
半信半疑で、でも、ドキドキしながら探していました。



その結果・・・



本当に運良く、1冊が金沢の古本屋さんでみつかりました!!!



  『婦人画報』1949年4月号

f0167007_22454997.jpg


届いた郵便物をあけると、こんな素敵な表紙。




f0167007_220211.jpg


破れないようにそ~っとそっとページをめくると、
すぐに、「フランスの田舎家」というタイトルとドールハウスの室内が目に飛び込んできました。
サブタイトルは、「藤田嗣治画伯が東京に一人で作った夢の家」。

撮影・文は土門 拳です。





f0167007_22484069.jpg


レンガ敷きの床と石の階段、窓からは柔らかな光が射し込んで、
ドールハウスを知らない人は、きっと本当の家の中と思うのでは・・・。





f0167007_221454.jpg


貴重な製作風景。

部屋に掛けられた絵は、もちろん本物。
面相筆を使って、画家自身が描いています。
きちんとサインも入って・・・ す、すごい!





f0167007_23113616.jpg


奥さんが、「あなたご飯ですよ」と何度呼んでも出て来ないほど情熱を打ち込んだという
ドールハウスは1ヶ月間で完成。
もう一度、フランスへ・・・という想いが募って作り上げた夢の家。素敵です!

文中では、ドールハウスという言葉ではなく、「ミニアチュール」と書かれていました。






f0167007_17431790.jpg

(画像追加しました。)

母の古い裁縫箱から様々な本に出会って、
画家・藤田嗣治がとても身近に感じられ、
日本とフランス、今と昔を
行ったり来たりしている自分もいました。

今・・・
海外の地図や時刻表を眺めながら、想いはヨーロッパにとんでいます^^



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

by nono_ra | 2010-04-14 14:37 | アート | Comments(6)

ホワイトチャペル*†



f0167007_2142673.jpg


f0167007_21441250.jpg


6年前の3月、
友人の娘さんがブルーのカーペットのあるチャペルで結婚式を挙げました。

その2ヶ月前の話です。。。
友人から結婚式に飾るチャペルのドールハウスを作ってほしいと頼まれました。
私はのんびりマイペースなので、ひとつの作品を作るにもとても時間がかかります。
大作は1年がかりで作る事も・・・
だからそんな短期間ではとても無理。。。と一度はお断りしたものの
自分の中で (何とかできるかもしれない・・・)と
かすかな確信のようなものが芽生え、悩んだ末に作らせてもらうことに決めました。

それから半月間は、チャペルの資料を送ってもらったり、あちこちのチャペルを見てまわって
写真を撮り、ウェディングに関する雑誌を参考にしながらイメージをふくらませました。

2月に入ってようやく製作が始まりました。 あと一ヶ月半しかありません。
あとにも先にもこれだけドールハウスに没頭した時期はないぐらい。。。夢中でした。
結婚式という期限があるので何がなんでも間に合わせなきゃいけない!!
最後はほとんど眠る間もないほどでしたが、不思議と幸せのお裾分けをしてもらっている
ような気分でした。。

f0167007_21464385.jpg

東京表参道にある瀟洒なチャペルで、ロイヤルブルーのバージンロードを歩くのが
夢だったという花嫁さん。
そんな夢の詰まったドールハウスを製作することが出来て、私まで幸せな気持ちになりました♪


娘が嫁ぐ時も
こんなドールハウスを作ってあげれるかどうか・・・ 
根気も気力も歳とともになくなりつつある私です。


f0167007_9211532.jpg

by nono_ra | 2009-03-07 09:56 | ドールハウス | Comments(5)

小さな世界から


Merry Christmas ~! 

  素敵な聖夜をお過ごしください・・・。



f0167007_15252776.jpg

by nono_ra | 2008-12-24 16:34 | ドールハウス | Comments(0)

クリスマスの準備


夏に飾ったこちらのドールハウス。

あっという間に冬がやって来て、
ドールハウスの中も うきうき クリスマス気分♪♪♪

雪の降る中、たくさんのプレゼントを買って来ました~。
f0167007_15312130.jpg


「ただいま~」
f0167007_1639762.jpg




家の中では、クリスマスツリーの飾りつけに大忙し~☆

f0167007_15384293.jpg



オーナメントはゴールドで華やかに。。。
f0167007_15453940.jpg


ダンボール箱の中は人形やクリスマス小物がいっぱい。
f0167007_1159198.jpg




暖炉の上には赤いキャンドルを飾りましょう。。。
スパイスカラーの赤が白いインテリアに映えます。 
f0167007_11453442.jpg




クリスマスまであとわずか・・・。
f0167007_1227988.jpg





こんな小さな空間で、毎年、クリスマスの準備に追われています(笑)
f0167007_12232342.jpg
                  「クリスマスの準備」 23×16cm 
                              
by nono_ra | 2008-12-20 18:19 | ドールハウス | Comments(2)