小さなもの 古いもの お花のある暮らしが好き。もの作りと何げない日常を 綴っています。


by nono_ra
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

季節を感じる模様替え





お久しぶりです。G.W.いかがお過ごしでしたか?



私は初日に、懐かしい昔の同僚4人でランチをしました。
会えば一瞬にして35年前に戻ることができ、
たった数時間でしたが楽しいひと時を過ごしました。
でもまさか自分たちが病気や介護、お墓の話しをするようになるとは、、(苦笑)


夜は娘家族がやって来て賑やかに過ごしましたが、
それから大変な風邪をひいてしまい
GWはあっけなく終わってしまいました。。。(涙)

まだ治りきっていませんが・・




最近サボり気味だったブログ、、
カメラのレンズの具合が悪く写真を撮ることが減ってから
私のブログアップもなくなってしまいましたが、
庭のお花が咲きだしたので
撮りためた写真を順にアップしていきます。








f0167007_11040757.jpg




こちらは4月初旬・・
庭で摘んだ都忘れとアネモネで
玄関も春の装い






f0167007_23052648.jpg



オオデマリがたくさん蕾を付けたので、一枝切り取って背の高いガラスへ
家の中ではゆっくりですが蕾がぽつぽつと開いてきました。

庭は今、満開です。







f0167007_11051544.jpg




赤いチューリップはキッチンのアクセントに♪






f0167007_23064170.jpg




エレガントな
パープル系のビオラやフリルのパンジーは
束ねて鏡の前に





f0167007_23163238.jpg




お近所さんから頂いた牡丹と卯の花。





f0167007_23170822.jpg


いっとき お部屋がばっと明るく華やかになりました。







f0167007_00073105.jpg

五条川の桜






職人さんの手作業で作られた鯉のぼりの
糊を落とすのんぼり洗い



f0167007_09551451.jpg



初めて見にいきました。
満開の桜の中で風情があっていいですね。








f0167007_23355726.jpg


この時期は家の中もサクラ





f0167007_23363350.jpg



その後は、ひょうきんな鯉のぼりが楽しませてくれました。








f0167007_11044222.jpg




玄関では凛々しいお顔の小さな五月人形が、
6センチ角の座布団に座って(笑)







こんな風に季節が変わると模様替えをしたくなります。
大々的に家具を移動したりするのではなく、
玄関や飾り棚の上、額の中を
季節を感じる絵や小物、お花を飾って気軽にできる模様替えが好き。
気分も変わり、その季節を2倍楽しめる気がするのです。




にほんブログ村 ライフスタイブログへ





























by nono_ra | 2016-05-11 10:21 | 家・インテリア・収納 | Comments(2)






f0167007_23314820.jpg






12月になって、
ドイツ語サークルでいつも使っている会場が、工事のために借りられず、
今月のレッスンは我が家で行なっていました。
毎週10名ほどが小さな我が家に集まり、
ダイニングテーブルの周りに部屋のあちこちから持ってきた椅子を並べて、
ドイツ語のお勉強。  講師は、ドイツ人の先生です。

f0167007_13184831.jpg


こんなものが役立ちましたよ。

残してあった古いおもちゃの「おえかきがっこう」。
私たちのドイツ語レベルにぴったり~(笑)

先生も楽しそうに使っていました。





3週目は、年内最後のレッスン日。
メンバーの一人がプロジェクターを貸してくださり、白い壁に映し出して
ドイツのクリスマスのDVDを観賞しました。


f0167007_18312058.jpg



日常会話は、やはりスピーディーで聞き取れず、、でしたが、
映像だけでも解る内容で楽しめました。






その後は、テイクアウトのお寿司や から揚げ、フライドポテト、簡単なディップサラダなどで、
気軽なクリスマスパーティ♪

先生のお母様がドイツから送ってくださった
ドイツパンやシュトレン(Stollen)、ビスケットなどを頂き、
皆で楽しく過ごしました。



f0167007_15354159.jpg

f0167007_15535527.jpg

f0167007_16492730.jpg

テーブルのフラワーアレンジメントは、
庭のシルバーリーフやスキミア(昨年、地植えしたものが蕾をつけました。)と、
オフリールさんが用意してくださったバラやスカビオサを合わせて、
アドヴァイスをもらいながら店内で作ったもの。





f0167007_21115754.jpg


f0167007_16572509.jpg



足元をピンクの縁取りのアイビーで覆って、
シックなアレンジメントが出来ました。



このアイビー 可愛いですねー。
庭に植えてみようかな。











f0167007_17044057.jpg

そして先週末は、持ち寄りランチパーティー♪






f0167007_22001580.jpg




いつも親しくしているコンスタンツェハウスのご夫妻と
娘さん(娘さんは、残念ながら体調が悪くて欠席されましたが)、
小学生と中学生の二人のお孫さんをお招きし、
私は数種類のドイツパンと、それに合うクリームチーズやサラミ、ソーセージを用意しました。
他にベーコンと卵のココット、定番のマーブルケーキなどを。




f0167007_21385209.jpg


f0167007_18502217.jpg





コンスタンツェハウスのご主人からは、「サトイモとイカの煮物」と「おしるこ」を。
どちらも美味しくてほっこり温まる手料理でした!
娘さんからは、円居(まどい)というパン屋さんで美味しいと人気のサツマイモのcampagneを頂きました。



写真撮り忘れ~~
かろうじて、これだけ、、、



f0167007_21325396.jpg


あっという間に時間が過ぎてしまいました。
お二人のお孫さん しっかりしていて頼もしい。

ななちゃん 元気になったら遊びに来てくださいねー。






そして今日は、
*クリスマスイブ*

息子から (正しくは、息子の就職先から)
クリスマスケーキが届きました♪

それ以外は、いつもと変わらない夫婦だけの静かなクリスマスです。


皆さまも素敵なクリスマスをお過ごし下さい。





f0167007_20361432.jpg












にほんブログ村 ライフスタイルブログへ











by nono_ra | 2014-12-24 21:35 | ドイツ・ドイツ語 | Comments(0)




このところ、夢中になっているのは、
アトリエのリフォーム計画。

昨年の春に家を建て替えた時、
15年前に増築した部分を残して建てましたが、
残した3部屋は、壁もカーテンも古いままでした。。


2部屋は子どものベッドルームだった部屋で、
とても狭いのですが、エアコンが付いていて
こもり部屋としては快適です!

子どもが順に一人暮らしを始めてからは、
その一部屋をちょっと広めのクローゼットとして使い、
私の洋服やバッグ、アクセサリー、化粧品などのほか、
日用品のストック、タオル、テーブルクロス、花器
クリスマス用品などあらゆる物を収納しています。

一日に何度も行ったり来たりと、私にとってなくてはならない部屋。
アイロンがけもこの部屋でしています。


もう一部屋は、
小さなゲストルームとしてシングルベッドを置いています。
今は、子どもたちが、帰省した時に使うだけですが、
この部屋の収納庫には、おもちゃや子どもたちの思い出の品がいっぱい。
ここは、いずれ孫が遊びに来た時の散らかし部屋になる予定です。



そして、2階部分は趣味のアトリエを兼ねた私の部屋。
部屋は古いのですが、広くて全ての壁に窓があり、
明るくて気持ちが良いので気に入っています。

ただ、この部屋を作ったのは子育て真っ最中の頃でしたので、
余分なお金も時間もかけられず、
市販のカーテンを買ってきて、私が自分で窓に合わせて縫い直したもの

そのカーテンも もう古くなってきたので
ただ今、プチリフォームを計画中です。


 プライベートな空間なので、思いっきり自由に♪
好きなアンティークが映える
ノスタルジックな部屋にしたいなぁ。。とあれこれ考えていました。


こんな時間がいちばん幸せですね^^


と言っても、家具は今ある寄せ集めのものなので、
現実は厳しいんですょ!


今回は、カーテンでイメージを変えてみることにし、
まずは、地元のお気に入りのお店 ラブファミリーさんで生地選び。


大好きなオードリーヘップバーンをイメージして
軽やかにキュートに、
そして、ちょっとドラマチックに。

どんな部屋にしたいのかわかりますか?
自分でも表現するのが難しい~~~!!


インテリア アドバイザーさんと一緒に選んだのは、
ストライプのレースのカーテンと張りのある生地のブラインド。




そして、
こんなカーテンを作ってもらいました。



f0167007_08021814.jpg




気に入っていた雑誌の切り抜きを見せて、それに似た形をお願いしましたが、
私が思っていた以上に素敵に仕上げてくださいました。


光を通すと、
レースのストライプが、マットな光沢のある生地に映りこんで
本当に綺麗で、感激してしまいました。
ブラインドの上げ下げで
大人っぽくもキュートにもなります。

この形は、生地選びで雰囲気が随分変わると思います。



今度は、壁も照明も・・・と思いは膨らみますが、
インテリアを考えながら、
少しずつ手を加えて行くのも また楽しみ♪




来年は、この部屋で、いそいそとハンドクラフトを楽しむつもりです。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ








by nono_ra | 2014-12-13 15:41 | 家・インテリア・収納 | Comments(0)

大切な人、もの、こと。







今朝、起きると雪が降っていました。
どうりで寒いはず、、、

もう師走ですものね。一日が何と早いこと、、、。
まだ、手帳のリフィルも買っていないことに気づき、
慌てて購入しました。

手帳を買うと、いつも予定を書き写したあとに、
新しい年に叶えたい夢をいくつか書き込みます。


今年は、大変なことがありすぎて、書き出したことの半分も叶っていないのですが、
夢は来年へ持ち越して、新たな気持ちでMy dream 2015に記入。
そして、先日、夢に日付を!と素敵なことを教えていただいたので、
私も実践することにしました!
夢を夢で終わらせないためにもゴールを作るのは大事ですね。



さて、一昨日は2年ぶりに仲の良い友人たちと会ってランチをしました。
場所は、名古屋マリオットアソシアホテル18階の和食のお店 華雲 (かうん)
ちょっと贅沢ランチですが、たまには ね。


2年の間に、皆それぞれ いろんなことがありました。
良いことも悪いことも・・・ですが、年齢が近いので話が弾みます。
これからもきっといろいろとあるんでしょうね~。

でも、こうして一緒に歳を重ねていける仲間がいるのは、
心強く、そしてうれしいものです。





この日、皆から我家の新築のお祝いをいただきました。
お言葉に甘えてしまい、図々しくも前もってお店で私が選んだものを
買っていただきました。

フィリップ スタルクのMISS SISSI(ミス・シッシー)という
シンプルで、とても小さなマスコットランプです。

遠くから見て、
綺麗なシルエットと柔らかなあかりに一目惚れしたもの016.gif





家に持ち帰り、包みを開けると、
こんな素敵にデザインされた箱に入っていました♪

f0167007_14563531.jpg






早速、玄関に置いてみました。



f0167007_01153269.jpg


一つずつ大切なものが増えていくのは
うれしいですね♪





f0167007_14355073.jpg



あかりを灯すと
玄関が柔らかな光に包まれて、温もりのある優しい色に



ありがとう~*




春になって、落ち着いたらみんなで遊びにきてねーーー。








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ












by nono_ra | 2014-12-06 15:33 | 家・インテリア・収納 | Comments(0)

古くて よいもの






できるだけシンプルな暮らしを実践している私ですが、
思い入れのある お気に入りのものは捨てられなくて、
子どもたちが赤ちゃんの頃使っていたものをたくさん残してあります。



その中で、孫のRiku が生まれて最初に役立ったものは、
キルティングされた白いおくるみ。
一ヶ所黄ばんでいるところもありましたが、
娘は気にすることなく退院時に使ってくれました。
 





籐でできたゆりかごもお気に入り。
生まれて数ヶ月しか使えませんが、自然素材のゆりかごに眠る赤ちゃんは、
眺めているだけで癒されますね。



f0167007_12482058.jpg






Rikuも新生児の頃はこのゆりかごで眠り、
今は、ベビーベッドといろいろな機能があるベビーラックを使っています。








親友が、まだ新婚ほやほやだった頃に、
ご主人の帰りを待ちながら編んでくれたニットのケープ
(ゆりかごの上に掛けてあるもの)も

今、親友に見せたら きっとびっくりするでしょうね~^^



そして、お宮参り用のレースのケープと帽子も大活躍。
今後も役立ちそうです。





ベビー用の食器。

f0167007_13065443.jpg



デパートで、今でも同じものが売られていて驚きました。
娘は、自分が気に入ったベビーセットをお姑さんに買ってもらったので、
これは、実家用として我が家で使う予定です。






子どもがいちばん気に入って着ていた洋服や手作りの洋服も何枚か。
小さい頃の写真に写っている同じ服を見つけた娘、
これと同じ格好でRikuの写真を撮ろうーっと言ってました。








まだまだ、あります。   









子どもたちが長い間、お世話になった椅子 『トリップトラップチェア』。





トリップトラップチェアは、赤ちゃんから大人まで、
成長に合わせて、座板や足置き板の高さを変えて使えるノルウェー生まれの椅子。
ロングセラーになっているので、ご存知の方も多いと思います。

f0167007_09082188.jpg



この安定した形は、子どもがのけぞっても絶対に倒れず安心で、
子どもが生まれるとは順に買い足していき、我が家には4客も(笑)

今はカラフルな色も出て、選択肢がひろがりましたね。

f0167007_18162575.jpg


オプションの付属品もいろいろあって より便利になりましたが、
微妙にサイズが変わったため 使えないのが残念!

それに白木の色も経年変化し、今のインテリアとも合わなくなったので
思いきって上の写真のように塗料を塗ってみようかなぁーと思っています。
ダメもとでがんばってみます^^!








もともと、物が少ない暮らしをしていましたが、
出してみると、どれだけあるの!というぐらいたくさんありました。

幸いにも古い家は、押入れや納戸が比較的多かったことと、
子育て期間が長かったからでしょうか。

そして、何よりも
よいものを長く使いたいという思いが強かったので、
残しておいたものが、こうして再活用してもらえるのは、
すごく嬉しいです。


こんなことを思っていると、ちょうど、娘から電話!
「私が小さい頃に着ていた空手着、置いてない?」

娘が、まだ2歳になったばかりの頃、
お兄ちゃんのお古のお古をもらい
既製のいちばん小さいサイズでも大きかったので、
何回も折り曲げて縫って、着ていたミニ空手着ですが、、

空手着をしまってある古い柳行李の中を探しても見つからず。。。


そうだ!あまりにも古くて,黄ばんでボロ雑巾のようになっていたので、
捨てたんだった!!


残しておけばよかったかなぁ・・とちょっと後悔しましたが、

えっ ひょっとして、
もうRikuに着せるつもり???


やっぱりおんボロ着、捨てておいてよかった。。(ホッ)


でもRikuは、 間違いなくたくましい子に育ちそうです。(汗)
(先日、ニコニコしながらスクワットをやっている動画が送られてきましたよ。笑)




お気に入りのよい絵本やおもちゃもたくさん残してありますので、
またご紹介しますねー。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
















by nono_ra | 2014-10-04 15:08 | 家・インテリア・収納 | Comments(4)

私の白いキッチン



f0167007_22185993.jpg




家の建て替えが決まった時、いちばんに悩んだのが、どんなキッチンにしようか。。と
いうことでした。
以前にも書きましたが、新しいキッチンは、南側の窓から庭が見える場所で、というのが第一希望。
そして明るくて白いキッチン。

さて、オープンキッチン、セミオープンキッチン、クローズドキッチン。どれにしようか・・・

初めは、縦長の室内窓があるキッチンで、
見えそうで見えないクローズドキッチンを考えていました。
が、決して広くはない空間に室内窓は狭苦しく感じられ、
もう一度振り出しにもどって考え直すことにしました。


どんなキッチンにするかは、自分がどんな暮らしをしたいか、、ということに繋がります。

じっくり考えてみると、二人暮しになった今、一人キッチンに閉じこもっているのも寂しくて、
できれば、誰でも自由に使えるキッチン。
今後、主人や帰省した子どもたちに手伝ってもらったり、
孫たちと一緒にお菓子作りを楽しみたいので、
大勢で囲めるようなキッチンがいいなと思いはじめました。

それからお客様が見えたとき、会話に入っていける距離のキッチン。
以前、扉があるだけで、会話が途切れてしまったことを思い出したので。


あれこれと これからやりたいことを想像しながら決めたのは、
開放感のあるフラットなセミオープンスタイル。
見せる部分と隠す部分とを分けたかったので、
壁のある半島型の(ペニンシュラ)キッチンに決めました。

ダイニングキッチンの場合、
キッチンの機能性を優先させてしまうと味気なくなってしまうため
インテリア性を重視して、クラシックな框のついた扉を選択。
大きな食器棚も吊り戸棚も無くしてもらったので、3方向の窓から光が入る
明るいキッチンになりました。


普段の食器は、和と洋に分けて全て引き出しの中へ
食洗機から出して、片付ける時も一歩も動かずに片付けることができるため
とても便利で気に入っていますが、私より身長が10cm高い娘には使いにくいようです。
あらためてキッチンは、一人ひとり違って当然なんだなぁと思いました。


結婚した頃から使っている大好きな食器とキッチン雑貨。
誕生日に娘が買ってくれたオリーブのトリペット(鍋敷き)。
古いものと新しいものが入り混じった温もりのある白いキッチンは
半年経った今もとても気に入っています。


一昨年、悩み続けたからこそ出合えた自分らしいキッチン。
私にとって家づくりは自分探しでしたが、これからも自分探しを続けながら
居心地のよい家、自分らしいインテリアをつくっていきたい。

手をかけた分だけ、暮らしが豊かになるような気がします。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
by nono_ra | 2014-02-03 22:19 | 家・インテリア・収納 | Comments(0)

エレンのキッチン






ドイツ、ハイデルベルクの街で出会ったエレンは、中学生の男の子のお母さん。
私はその頃まだ20代半ばだったので、エレンとは一回りほど年が離れていたんだと思います。
日本人と話をするのは初めてと言われ、おうちに来てお茶をしませんか?と誘われました。

言葉も上手く通じないのに、ドイツの人たちはとてもフレンドリーで、
気軽にお家に招いてくれます。


私は、エレンと中学生のマークと歩いて5分ほどの所にある彼女のおうちへ行きました。
いちばんにお庭を見せてくれましたが、その頃全く興味がなかった私は、
どんなお庭だったのか何も覚えていません、、、あぁ残念~

お家の中はシンプルな空間にアフリカの彫像が映える大人っぽいインテリアで、
どこもきちんと整えられていました。
広いリビングの一角にはご主人の大きなデスクがあり、
職業が設計士さんと知って、その洗練されたお部屋に納得しました! 




エレンがお茶とケーキを用意してくれている間に撮った写真です。
マークはちゃんとポーズをとっています^^


f0167007_13342279.jpg





突然訪れたにもかかわらず、キッチンはどこもピカピカで、
おしゃれなキッチン道具が並び、片隅には小さなテーブルがあって、
マークがこのテーブルで本を何冊か見せてくれました。
何を見せてくれたのか忘れてしまいましたが... あっ!  たぶん トンボの図鑑です。
マークはトンボを追いかけていましたから(笑)



f0167007_14155864.jpg

                                         古いアルバムから



こんな無邪気な男の子ですが、私をエスコートしてくれる小さな紳士でもありました。
今は立派な紳士になって、エレンも素敵なおばあちゃんになっているのではないでしょうか。



そして、このときに見たエレンの白いキッチンが私の憧れのキッチンになりました。


 


* * * * *




11月29日に、待ちに待った本間美紀さんのキッチンをインテリアから考える本
「リアルキッチン&インテリア」シーズンⅡが発売されました。

昨年の創刊号では、オープンキッチンを考える上でのヒントをいただき、
絶えず自分に問いかけながらキッチンを考えました。
新居のキッチンは、憧れのポーゲンポールでもなく等身大の国産のキッチンですが、
インテリア性も重視して自分で納得して選び、愛着のある食器やキッチン道具を入れています。



今回のシーズンⅡには、残念ながら付録はありませんでしたが、
代わりに本の表紙に工夫がされていて
明るいトーンのカバーをはずすとシックなトーンの表紙になっていて、
どちらも素敵です!

キッチンのオープンシェルフにカバーをはずした表紙を飾ると大人顔のキッチンに変わりました。
やっぱり素敵!!

これからゆっくりとページを捲り、世界のキッチンを楽しみます~。


f0167007_20595639.jpg




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
by nono_ra | 2013-11-30 00:45 | 家・インテリア・収納 | Comments(0)




Before

f0167007_205785.jpg




予備の駐車スペースのごろ石を半分だけ撤去してもらい、
残りは自分で土嚢袋に詰め、何回かに分けて、
せっせと清掃センターへ運びました。 結構、重労働でしたよ~、、、



その間に、相談にのっていただいたグラスコートさんから
石張りにしては.. とのご提案をいただいて、
外階段と同じ石を張ってもらうことに決めました。

極め細やかな対応で、設計、施工とも安心してお任せできました。




f0167007_2058654.jpg


基礎のセメントを流し込んでいます。




3人の職人さんが来てくださったので、1日半で完成し、
希望通り、駐車場は同じトーンでまとまって、お気に入りのスペースになりました♪
夏になったらいろいろと活躍してくれそうです。

完全に乾くまで1週間ほどかかりますが、
記念にグラスコートさんのネーム入りコーンを入れて写真撮影。




After

f0167007_2059419.jpg



 グラスコートさん、職人さん ありがとうございました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
by nono_ra | 2013-11-27 20:58 | 家・インテリア・収納 | Comments(0)




f0167007_10585749.jpg


お土産に頂いたドイツ・シュヴァルツヴァルトのお菓子。


珍しくて、しばらくキッチンの窓辺に飾っていましたが、
先日、包みを開けてみると...


中は黒い森からやってきた
モミの木の...まつぼっくり?!
 そして 
笠と笠の間に一つひとつデコレートしたチョコレートが挿んでありました。



f0167007_10592878.jpg


なんて素敵なアイデアなの~! 
自然を大切にするドイツらしいお菓子ですね。


(上の2枚の写真は半分ほど食べてしまってから撮った写真です、、^^;)







残った まつぼっくりは、毎年、秋になると登場するリースに付け加えて、
玄関に飾りました。
これからは 『黒い森のリース』って呼ぼうかな。



f0167007_1101396.jpg






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
by nono_ra | 2013-09-21 11:02 | ドイツ・ドイツ語 | Comments(0)

明かり取りの窓





f0167007_187367.jpg


新しい家に住み始めて、気に入っている所はたくさんありますが、
その中でも気に入っているのは、お部屋が明るくなったこと。
同じ敷地内に建てたとは思えないぐらい。

こんな小さな吹き抜けでもその効果は大きくて、
希望が叶い、ダイニングキッチンは光が入る心地よい空間になりました。





一階の洗面コーナーにも設計士さんに頼んで明かり取りの窓を付けてもらいました。

f0167007_12515586.jpg



ここは、最初の設計時には窓がなくあきらめていましたが、
お客様にも使ってもらうため
どうしても暗い洗面室にはしたくなかったので
再度、スクラップ帳の写真を見せてお願いしたもの。

縦長のFIX窓から外の光を感じる時、
ああ窓があってよかったーと何度となく思います。


窓辺にお花やミニチュアを飾るスペースもできて、
ちょっと癒されるコーナーになりました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
by nono_ra | 2013-09-18 12:52 | 家・インテリア・収納 | Comments(0)