小さなもの 古いもの お花のある暮らしが好き。もの作りと何げない日常を 綴っています。


by nono_ra
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2018年 04月 04日 ( 1 )





3月末、出かける用事やら
いろいろなことが次々と重なってしまい、
バタバタしておりました。
そんな中、
娘から「今年はお花見どうする?」と声がかかり、
お弁当を持って(私はおにぎり担当でラクちんでした^ ^)
主人と五条川のお花見に行ってきました。






f0167007_22101742.jpeg




Riku&Reiのいつもの散歩道
ふたりは桜よりもたんぽぽに夢中です。



f0167007_22093546.jpeg




f0167007_22123931.jpeg




今は春休みですが、Rikuはこの桜並木を通って幼稚園に通っています。








f0167007_22105381.jpeg



ポカポカ陽気が続いて、
早や葉桜になっている所も




f0167007_22114219.jpeg




賑やかな屋台が並ぶ通りを抜けて
豊国橋までやって来ました。


ここで五条川の風物詩「のんぼり洗い」が見られます。

本当は母を誘って来るはずでしたが、
直前に少し腰を痛めてしまい
高齢で無理ができないのでお花見は諦めることに
残念ですが、来年も元気でいることを願って。。。







f0167007_21361295.jpg




のんぼり洗いとは、正月明けに染め上げた
鯉のぼりの糊を落とす作業です。

寒い時期の川での作業は大変だと思いますが、
寒さが発色を良くさせるのだとか。

こうして鮮やかに染めあげた鯉のぼりを
2時間前には川で泳がせ
糊を落とし易くするそうです。





f0167007_21365675.jpg




桜の花びらが雪のように降り積もって
絵になる光景ですね。










f0167007_09534107.jpeg




見物客も集まって来ました。









f0167007_21373391.jpg



12時半、これから
のんぼり洗いの実演が始まります。







f0167007_21383229.jpg




包丁のようなものを布の表面に走らせて
糊を取っていきます。
刃は丸くなっていて布地を傷つけないようになっているそうです。









f0167007_21385787.jpg



みるみる鯉のぼりの目がクッキリと!





f0167007_21410339.jpg




お師匠さんの指導で、次はブラシの使い方を







f0167007_21433018.jpg




ブラシを使って鯉のぼりをキレイにしていきます。








四百年の伝統を誇る幟やさんが
伝統的な手法で歴史と伝統を今に伝えている
行事とのこと


風情がありますね。











f0167007_21440012.jpg











毎年必ずここに立ち寄って探すのは、
染めた端切れで作られた和のコースター。
大きな図柄が小さなコースターに使われているのもさりげなく、
手染めの柄や色合いなど
季節に合うものを選ぶのも
楽しみのひとつ♪









f0167007_11440934.jpeg

f0167007_11582790.jpeg

















by nono_ra | 2018-04-04 14:33 | 旅の風景 | Comments(6)