小さなもの 古いもの お花のある暮らしが好き。もの作りと何げない日常を 綴っています。


by nono_ra
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018年 08月 17日 ( 1 )

スペインからのお客様




お盆を挟んで、日にちが経ってしまいましたが、前回の続きです〜。



ゲストの方は小型飛行機のライセンスを持っているほどの航空機好き。
メールでのやり取りで、私たちは夕ごはん前に岐阜かかみがはら航空宇宙博物館に行くことに決めました。
実は主人も密かな航空機マニア。それをメールで彼に伝えると、とても喜んで下さって主人に親近感を持ち、我が家訪問を楽しみにしてくれました。

いつのまにか主人もその気になって、
巻き込み成功!
当日は、今年の3月にリニューアルオープンした市内にある航空宇宙博物館へ6人で行って来ました。
国内最大級の展示面積で、国内最多の実機展示博物館だそうです。





f0167007_20414838.jpeg





f0167007_20423447.jpeg





f0167007_20360874.jpeg





f0167007_20365679.jpeg





f0167007_20375270.jpeg






f0167007_08223919.jpeg



飛燕



飛燕(ひえん)は私が観たかった飛行機。
かかみがはらで作られて戦時中は東京に。終戦を迎えると米軍に接収され、
奇跡的にスクラップを逃れて横田基地に屋外展示。日の丸を米軍マークに塗り替えられていた時期もあったそう。
その後、日本に返還され、各地を転々として約70年ぶりに故郷に帰って来ました。







f0167007_10062827.jpeg




f0167007_09061507.jpeg




f0167007_09083684.jpeg





f0167007_20392048.jpeg



彼は英語でガイドさんに尋ねながら、とても熱心に観ていました。
飛行機やヘリコプターをシミュレータで体感することもでき、じっくりと2時間ほど館内を観て、Rikuたちも遊んで、家に帰ると私はすぐに夕飯作り。
主人は、その間 翻訳機経由で彼と楽しげに話していました。

夕ご飯は、はりきってあれこれ作り過ぎてしまいました💦
日本人の普段の食事を体験して貰うのがいちばんだとわかっていても、つい、、ね(苦笑)
後で反省。。。
お客さまの前で自分の料理の写真を撮るのも気が引けて、載せれる画像が無いのですが、
メニューは失敗しない我が家の定番ばかりです。


肉じゃが
唐揚げ2種類
ブロッコリー、サツマイモ、舞茸の素揚げ
アスパラガスのサラダ
明宝ハム(岐阜県特産品)
卵焼き
胡麻豆腐
まぐろの胡麻ソテーピンチョス
かき玉汁
ほうれん草のお浸し
赤蕪のお漬物(岐阜県特産品)
いなり寿司
16穀ごはん
ビール(アサヒ、サッポロ、サントリー)
緑茶、麦茶

アイスやデザート、お菓子なども用意してありましたが食べきれず、Rikuはガリガリくんをおいしそうに食べていました。

食後、Rikuと Reiが空手を披露したりして、場を盛り上げてくれました。
その日の夜、主人と私は
駅まで彼を送ってお別れをしましたが、
翌日は中津川市の馬籠から妻籠まで
中山道を歩くと話していました。


2日後、彼からラインが!
テレビの取材を受けて、インタビュー!!
中山道を歩く三度笠を被り着物姿の日本の子どもたちと一緒に、元気な笑顔の写真が送られてきました。



*新しく加わった新メニュー・まぐろのピンチョス。
後ほど写真を撮ってブログアップしますね。



*****



ホームビジット、初めてのホスト体験でした。
私にとって、とても貴重な体験とたくさんの課題が… でもまぁ あまり難しく考えず、出会った方と一期一会の気持ちで楽しもうと思います。
初心を忘れず、私がかつて海外の方にして頂いたように、自然体で気軽なおもてなしができるようになれるといいな。
日本での旅の思い出のひとコマが笑顔になりますように・・・
この先も繋がっていったら、もっと素敵ですね。







by nono_ra | 2018-08-17 18:24 | おもてなし | Comments(0)