小さなもの 古いもの お花のある暮らしが好き。もの作りと何げない日常を 綴っています。


by nono_ra
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:家族( 45 )

いのち


f0167007_12203568.jpg
                 今朝、庭に咲いた薔薇。



思いもかけない出来事が次々と起こり、
ブログの更新もできず、今日になってしまいました。

何よりも悲しかった出来事は、
飼っているフェレットのドブが生死をさまよっていたこと。。。
娘がぐったりしているドブを見つけ、二人で慌てて病院に連れていきました。
もう今にも死んでしまいそうなほど弱っていて、獣医師からは、このまま連れて帰るか、
検査をするかどうされますか?と聞かれました。
検査をしている間に死んでしまうかもしれない。でも、検査をすれば、前に進むことは出来る。
迷った挙句、ドブの生命力を信じて検査をしてもらうことにしました。
私も普段泣いた事もない娘も涙ぐみ、家に帰ってからも何も手につかず、でした。
電話がかかって来ないからまだ生きてるね。
ドブは強運のフェレットなんだし。。。などと二人で話していました。


その夜、入院しているドブの様子を見に病院に行きました。
娘がこんな しおらしいドブは初めてみた・・と驚くほど
ドブはおとなしく、私の手のひらに顔をのせてきて、じっとしていました。

先生のお話から、
緊急なので検査をしながらの、点滴と投薬治療で、
最悪の状態からは脱した気がしました。
検査結果は、、、右の副腎の癌でした。
以前、左の副腎の癌になっているので、いつかは右も・・・と、おそれていた事が現実に、、、

まだまだ油断はできませんが、
今後の治療の事や体が回復してからの手術の話も出て
希望が見えてきました。



そして、子供たちにもさまざまな出来事が・・・。
今まで、何事も運の良さで乗り切ってきた娘。
この不況の中での就職活動は思いのほか厳しくて、
最後の望みも消え、また振り出しに戻ってしまいました。
初めての挫折。
この会社とは縁がなかった~と言って強がっていましたが、
内心は、へこんでいるのがわかります。

そんな娘にも少し希望の光が・・・
お声をかけて下さった会社がありました。
まだ先はどうなるかわかりませんが、
娘が自分で切り開いていくしかないのでしょう。



              
その後のドブのこと。。。 
 少し安心したのもつかの間、
 新たに検査で心臓の病気(拡張型心筋症)になっていることがわかりました。

f0167007_12354033.jpg

一日2回 ドブに会いに行きましたが、
呼吸が速く、予断を許さぬ状態でした。
入院3日目の早朝、
病院の先生から電話があり、
ドブが亡くなった事を知らされました。
つい数日前までは、とても元気だったのにと思うと
病気に気付いてやれなかったことが悔やまれます。
家に連れて帰りましたが、
ドブは本当にやすらかに眠っているようでした。



  小さないのちは天国へ旅立ちました。




こんな寝顔にずいぶんと癒されました。
f0167007_202043.jpg

     私たちの所へ来てくれてありがとう 。。。 ドブ
by nono_ra | 2009-04-27 22:12 | 家族 | Comments(4)

普通が幸せ。。。


一昨日は、次男の卒業式でした。

式を終えた後、次男がアルバイト先へ最後の挨拶に行ったら
こんな素敵なものを用意してくれていました。
f0167007_823154.jpg

魚の定食屋さん「天えい」で使っているのと同じ湯のみとお祝いのお酒。

天えいは、フレンドリーな店主のおじさんとおばちゃんがいる安くて美味しいと評判のお店。
別れる時にはそのおばちゃんが泣いてしまったんだそう。
息子のことを子どものようにかわいがって下さり、話を聞いてじーんときてしまいました。


そして昨日は、何年ぶりかで(実に6年ぶりでした。)我が家に家族6人が揃いました。
長男も仕事を終えて突然、帰って来たんです。
当たり前に6人家族で暮らしていた頃がうそのようです。

成長した子供たちを見て、頼もしくもあリ、寂しくもあり・・・複雑な親心。
みんな揃ったので写真を撮ろうっと言ったら、即、娘に気持ちが悪いと
却下されましたが(爆)

家族でたわいもないことを喋り、
しみじみと普通がいちばん幸せだな~と感じた一日でした。。。
by nono_ra | 2009-03-14 09:59 | 家族 | Comments(12)

心に残る初詣


実家へ帰省する折、少し寄り道をしてある神社へ初詣に行きました。

f0167007_0253154.jpg


この神社 高校生の息子が憧れるハンドボール選手(MASA)のご実家。
MASAはドイツで活躍中の日本人のプロハンドボール選手。

一昨年、主人と息子がドイツで彼の試合を観戦して以来、息子はMASAと一緒に撮った
写真を大切に部屋に飾っています。


この日
神社の境内で偶然、彼のお母様にお会いし
とても嬉しいお話を伺うことができました♪
お母様もその写真をMASAから見せてもらい、
息子の顔を覚えていてくださったんです。
そして、ハンドボールの大好きな息子を励ましてくださいました。

プロのハンドボール選手なんていうのは夢のまた夢ですが、
海外でがんばってみえる日本人選手が身近に感じられて
大変うれしかったと思います。
憧れのMASAのTシャツをもらって着ている息子。



息子のおみくじは大吉! で、素晴らしい2009年の幕開けとなりました。

f0167007_11324023.jpg


ちなみに私は末吉でした。。。(泣)
by nono_ra | 2009-01-04 11:54 | 家族 | Comments(0)

最後のコンサート ③


滋賀のびわ湖ホールで行われた定期演奏会。
4回生の息子にとっては、最後のコンサートでした。

4年間はホントに早いものですね。


小さい頃から空手、中学からはハンドボールに熱中していた息子が
大学で突然、吹奏楽部に入ったと聞いた時には、家族全員が驚き、あ然としました。

なぜか・・・と言うと、中学、高校と父親と同じ道を行ったために、高校で
あれだけ父に反抗した息子が、大学でまた同じ音楽(主人はオーケストラでオーボエを 
息子はホルンですが、、、)をすることになるとは・・・。

f0167007_1322242.jpg














総勢150名の部員の中で、初心者はほんのわずか。。。
息子は毎日練習に明け暮れ、その合間にバイトもしていたので
2年近く、家にも帰ってきませんでした。

年に2回行われる大きなコンサートで、息子の元気な様子を見る事が出来、
ほっとしたものです。

そして、
若いって素晴らしいな~と毎回コンサートを聴く度、思いました。



この日の会場は満席で、プロのトロンボーン奏者の方も加わり
とても盛り上がった素晴らしいコンサートでした。

  息子へ   4年間お疲れさま~。    そして、、、ありがとう!
by nono_ra | 2008-12-27 09:51 | 家族 | Comments(4)

蔦がかわいい!



f0167007_2351739.jpg


f0167007_23522525.jpg


f0167007_1852449.jpg


f0167007_1811476.jpg




ここは、娘が通っている大学内の建物。

先日、保護者会で初めてキャンパスを訪れて、見つけたもの
蔦がこんなにもかわいいなんて。。。

年月を経た古いものには何ともいえない魅力がありますね。
by nono_ra | 2008-10-24 22:52 | 家族 | Comments(6)

真夜中に


今日から高校生の息子は修学旅行。

午前3時50分
大きな旅行バッグを車のトランクに詰め、さあ 出発!

途中の田舎道は真っ暗で、車で走っていても怖いぐらい。。。なのに、
息子と川やトンネルで出た霊の話をしながら、堤防沿いを走り~~~学校へ。

15分も早く着いたのでまだ生徒は数人でしたが、
15分間で、あと300人ほどの生徒が真夜中の学校に集まるかと思うと壮観!です。

息子を降ろしてそのまま帰って来ましたが、
今日は何十年ぶりかで徹夜をしました。(ふぅ~)。。。


朝6時
空にはひこうき雲

f0167007_20422290.jpg



息子たちも 今朝、中部国際空港(セントレア)から 沖縄の空へ

         3泊4日の旅を楽しんで来ます。


        気をつけて いってらっしゃ~い。
by nono_ra | 2008-10-20 20:55 | 家族 | Comments(4)




押入れを整理していたら、
子どもたちが小さかった頃に 手作りしたおもちゃが出てきました。


f0167007_118511.jpg



20年前に、軍手で作った指人形。
子どもとお出かけする時は、いつもバッグにしのばせていたものです。

よく見ると、うさぎとコアラ それにたぬきの耳が虫にくわれてる~~
収納ボックスに防虫剤入れるべきでした~(泣)


子育てをしていた頃が急に懐かしくなって、写真を引っぱり出して眺めていました。。。

そこで、今日は一日だけ子育て時代にタイムスリップを~。

⇒⇒⇒
by nono_ra | 2008-10-17 10:12 | 家族 | Comments(2)

楽しい週末 ♪



f0167007_14535014.jpg


土曜の夜、名古屋の和&イタリアンのお店さくら
両親のお誕生日祝いをしました。

二人とも11月生まれ。
ひと月早いお祝いですが、父が76歳、母が78歳になりました。

花を育てることが好きな父。
外で習い事をするのが好きな母。
対照的ですが、二人で仲良く暮らしています。



この日は、京都にいる次男も帰って来て (全然 親想いではないのですが、
おばあちゃん想いの子どもたち4人) 久しぶりに顔を揃えました。
24,22,20,17歳とお年頃の子どもたち。

話題は就職の話、彼女の話、、、
いつの間にやら昔を思い出して、腕相撲をする次男と三男。
とても賑やかなパーティーになりました。




最後のサプライズは、
突然、店内の照明が暗くなって ♪ハッピーバースデー♪ の音楽とともに
こんなデザートが二つ。

f0167007_117199.jpg


両親もとても喜んでくれました。

愛犬(ボーダーコリー)のメリーをこよなく愛する父、孫に携帯で絵文字まで使うお茶目な母。
いつまでもお元気で~☆

More 帰り道。。。
by nono_ra | 2008-10-13 22:02 | 家族 | Comments(2)

ドブに癒されて ③ 


手術後、
2ヶ月もすると、フワフワのきれいな毛も生えてきて、
ドブはすっかり元気になりました。
がんの転移もなく、右の副腎も今のところ異常なし。


f0167007_1485358.jpg

      

ドブは本当に強運のフェレットです。



しかし、今回の手術で、私にとってショッキングなことがありました。

  なんと、ドブは男の子だったんです!

それを聞いた時の驚き、、、[え~~っっ!!」
「でも、先生が女の子だって言われましたよ。」

「えっ 僕が?・・・・」

「男の子なのに、女の子と言い間違えてしまいました。
ごめんなさい。」 と謝る先生。


そんなことありえない。。。
5年間、女の子と信じて、似合わないと思いつつ
ピンクの首輪をつけたり、
女の子らしいハンモックを買ったりしてたんです。





まぁ でも、、、
男の子でも女の子でも 元気になってくれたから
良しとしましょう。
いまだにどっちだったか、戸惑ってしまいますが、、、(゚Д゚≡゚Д゚)?



当の本人は、何もなかったかのように、
今日もハンモックでぐっすり眠っています。

そして、いつものように
私たちはその寝顔に癒されています。。。
by nono_ra | 2008-09-24 22:32 | 家族 | Comments(3)

ドブ がんになる ②

 
1日のうち18時間~20時間ほど眠っているドブ。

起きた時にケージから出すと、部屋の中を歩き回り、
時々追いかけっこやかくれんぼをします。でも、すぐに飽きてしまう。
袋、バッグ、ゴミ箱、かご、引き出し。。。中にはいれるものなら何でも好き!
特にスーパー袋は、中に入ると ころがって、シャカシャカした音を楽しんでいます。

一時、楽しんでいたかと思うと、いつの間にかドブの姿が消え、
クローゼットにある息子の洋服の中にもぐりこんで、眠っています。。。


そんないつも変わらない毎日を送っていたドブですが・・・



ちょうど昨年の今頃。
体を痒がって、寝ている時も飛び起きて後ろ足で掻くようになり、
そのうち、背中の毛が抜け始めました。

急いで動物病院へ連れて行くと、
 「内臓の病気かもしれません・・」

 [薬を服用しながら、春まで様子をみましょう。」
と言われました。



その後、急速にドブの背中の脱毛はおしりから尾の方まで広がっていきました。


超音波検査で、左の副腎の腫瘍が見つかり
外科手術をするか、内服療法にするか あるいは何もしないか、の選択をすることに・・・。

外科手術をしても もし右の副腎にも腫瘍があれば、内服療法しかないこと。
(右の副腎は大きな血管の近くにあるため、摘出は困難) また、
内服療法をしても、病気をコントロールするだけで、治る見込みはないとのこと。
あと1、2年の命と・・・。 (;´Д`)
 


「ドブは家族なんだから、ぼくも手術のお金を出すよ。」と高校生の息子。
離れている子どもたちもみんなお小遣いからお金を出しあって、
(子どもたち なかなかいいとこある。。。(;´Д`)うれし涙)

12月に入ってすぐ手術が行われました。




手術後、フェレットフードを持って会いに行った時の写真です。

f0167007_1214376.jpg

               私たちの顔を見ると、不自由な体でずりずりと前へ。。


点滴をしてまだ痛々しいのですが、無事、腫瘍のある左の副腎を摘出。
1日入院しただけで翌日には退院できました。
ドブは痛むのか、一晩中、くぅ~くぅ~と鳴いていましたが
朝はいつものように起きてきました。


次回に続く・・・
by nono_ra | 2008-09-23 22:36 | 家族 | Comments(0)