小さなもの 古いもの お花のある暮らしが好き。もの作りと何げない日常を 綴っています。


by nono_ra
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:アート( 32 )



残暑が厳しいですね。

8月初旬、
今思うとあの忙しかった日々は、いつもよりも集中してできた貴重な時間でした。

秋に行われる市主催の小さな展示会に向けて、初めて半切の紙に書を書きあげました。太筆も初めて!
うれしくって、好きなことばを思いっきり書いたのが良かったのか出展作品が早々に決まりました。



f0167007_16123389.jpeg



来月半ばに軸に仕立ててもらいます。
書道を習い始めて7ヶ月。
私が始めた時の目標の一つが、自分で書いた書を家に飾りたい。というもの

その願いが早くも叶いそうです。
ここからまた一歩上達できますように!
いつの日か書が自分の暮らしの一部になっているのが理想。 軽やかに自由な心で積み重ねていきたいものです。

掛軸ができたら、又見に来て頂けるとうれしいです^ - ^











by nono_ra | 2018-08-28 08:01 | アート | Comments(2)

ハートの石





f0167007_12513506.jpg




草取りをしていたら、
ハートの石を見つけました💕




f0167007_13050583.jpg




キレイなハート形で
ゆるやかな三角錐の石は
自然にできたとは思えないほど


見ているだけでハッピーな気持ち💕





f0167007_20524366.jpg








by nono_ra | 2018-03-16 20:40 | アート | Comments(0)

憧れの書道具を揃えて




小学生の頃。。
日曜日の朝はお習字を習いに行ってました。
なぜか近くの書道塾ではなく、
一人で電車に乗って2駅ほどの所へ
その頃、ひとりで出かけるのは冒険のようで、
ちょっと大人になった気分でした。

書道のお稽古はこの時が初めて
と思っていましたが、
先日、母と話をしていたら
私が5歳の頃にも習っていたとのこと。
幼稚園で書いたお習字が気に入り、
自分から習いたいと言って母が付き添い
書道塾に通っていたらしい。
全く記憶にないのですが、
となると今回は、
3度目のチャレンジ!ということに
なるんですねー笑




昔から書道と言うと地味で、
どこか古くさく硬いイメージが、、、

せっかく習うのですから、
書くのがもっと楽しくなるように
書道具もお気に入りのものを探して…

(皆からのお誕生日プレゼントで)
かなり贅沢なセットを揃えさせて貰いました。



f0167007_13164648.jpg





f0167007_12581424.jpg



六十の手習いは
素敵な書道具から、、、(*'▽'*)




腕が伴わないのですが、断然やる気になります‼︎
道具から入るのもあり!ですね。









by nono_ra | 2018-02-06 16:36 | アート | Comments(2)

きれいな文字







f0167007_21254327.jpeg




書道を始める前に、書家 中塚翠涛さんの
ペン字練習帳に取り組みました。

内心、くせ字も個性だから今さらきれいに書かなくても、、と思っていましたが、
やはり、きれいな文字は心に残ります。

一つひとつのひらがなを書いていると、
文字ってこんなになめらかで美しかったのかと思いました。
自然に姿勢も正したくなるし、静かなひと時
自分と向き合う時間にもなりました。



ふと、、、

このブログで以前、書のことを記事にしたのを思い出して探してみました。



美しい書にであう→★


7年前に書いたもので自分でもびっくり@@
この時の出会いが潜在意識の中にあったのかな…




新しい年の始まりに読んだ本は、
コトバノ森、美文字のすすめ 、きれいな字で書ける本。


2018年もたくさんの本と
素敵な人に出会いたいものです。





f0167007_11474799.jpeg









by nono_ra | 2018-01-15 22:14 | アート | Comments(2)






f0167007_18503916.jpg








f0167007_18490159.jpg







f0167007_18495703.jpg







f0167007_18513124.jpg






f0167007_18521924.jpg






f0167007_18562563.jpg







f0167007_18542988.jpg







f0167007_18550312.jpg





シンプルでさりげない

イルミネーションに癒されます。





この場所が好きで

今までに何度か写真を撮っていますので、

もしよかったら以前の写真も

どうぞ

ご覧下さいませ!




★★

★★★

★★★★










by nono_ra | 2017-12-15 12:32 | アート | Comments(0)

お気に入りの通り道





紅葉がきれいな季節になりました。

車で15分ほど行った所にある公園の散歩道。
イチョウ並木が綺麗です。
この日、カメラを持って来なかったことを後悔!
携帯で撮りました。



f0167007_15383591.jpeg


f0167007_15390466.jpeg




ここは図書館に行く時にはいつも通る
私のお気に入りの通り道です。

こんな所を毎日散歩できたら幸せですね〜




奥の方では12月から始まるイルミネーションの
準備をしていました。


f0167007_15363412.jpeg



二人で声を掛け合って作業をされています。
高い木に取り付けるのは大変そう





f0167007_15365877.jpeg




電飾ライトを付け終えたイチョウの木。
真冬のイルミネーションもまた楽しみです♪







さぁ この先の図書館へ



f0167007_15242679.jpeg







帰り道
散ったばかりのキレイな落ち葉を拾って帰りました。




f0167007_12034035.jpeg







自然の形も色あいも素敵!




f0167007_12031033.jpeg




ハゼの実、どんぐり、イチョウの葉…
少しづつ秋が増えていってます。











by nono_ra | 2017-11-17 21:45 | アート | Comments(2)

夢みるあかり展






鉄の燭台を作っているいとこから作品展の案内状が届いたので、
最終日に主人と親しくしているご近所さんを誘って大垣市まで行ってきました。
会場は、JR大垣駅近くにある「我逢人」。


作品展は、石川県在住のいとことその息子さん(あとりえ三昧亭)
東京在住のキャンドル作家さんとのコラボレーションで、
燭台とキャンドルのほかにも香立て、花台、三昧琴、
ステンドグラスランプ等がありました。 






f0167007_16404427.jpg






f0167007_16415521.jpg







f0167007_21311016.jpg











f0167007_16425720.jpg


こちらはチタンで作られた三昧琴。
たたくと何ともいえない澄んだ音色が。

音楽家の演奏でCDも発売されています。








f0167007_16432954.jpg




奥様が描かれた蒔絵。
蒔絵はできあがるまでの工程がたくさんあり、とても手間がかかるそうです。





f0167007_16480464.jpg





様々な色、形のキャンドルもありました。



f0167007_21325347.jpg







f0167007_16443872.jpg





f0167007_16454110.jpg





f0167007_16464628.jpg



シルエットも楽しめますね。




*





キャンドル作家さんの作品「 木星 」を連れて帰りました。


f0167007_16494780.jpg



この微妙に変化する色合いが魅力です。






まんまるのずっしりと重いキャンドルが、宙に浮かんでいるように
高さのあるガラスに乗せて玄関に飾ってみました。

f0167007_17042156.jpg






よく見ると・・・

f0167007_17062002.jpg


まるいもの繋がり ♪





f0167007_17065661.jpg



にほんブログ村 ライフスタイブログへ








by nono_ra | 2016-02-27 22:24 | アート | Comments(4)







f0167007_20094665.jpg





f0167007_20120473.jpg





f0167007_00241850.jpg





f0167007_00232694.jpg






f0167007_20133326.jpg






f0167007_20142680.jpg






f0167007_20151454.jpg



「高橋ユタカ /CUT-ART SHOW CASE」











文化の日に、
図書館アート展  岐阜県出身の高橋ユタカ 氏の
躍動感ある素敵な切り絵とモビールの世界を鑑賞したあと、 
ワークショップ 「画家 高橋ユタカによるモビールづくり」に参加しました。




落下する猫をモチーフにしたモビール。

2時間かけて、丁寧に作家さんから教えていただき出来上がり!
ものづくりってやっぱり楽しい♪




最近はドールハウスにこだわらず、もっと広く ものづくりを楽しみたい!
素敵なものをたくさん作って暮らしに取り入れたい!と思うようになりました。


もう一度原点に戻って、
ハンドクラフトを楽しんでみようと思っています。












作ったモビールは、早速 天井からぶら下げて
キッチンでの目の保養に♪



f0167007_20164194.jpg



f0167007_20171484.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ







by nono_ra | 2014-11-05 11:37 | アート | Comments(2)




岸 惠子さんの翻訳で2008年に出版された『パリのおばあさんの物語』。

f0167007_20132214.jpg



フランスで子どもから大人まで
読みつがれている絵本だそうです。





表紙を捲ると・・・

 痛い足をひきずりながら、一歩一歩進むおばあさんの姿。

f0167007_2014844.jpg








老いも孤独も真正面から向き合った上で、
明るく爽やかに物事を考えるおばあさん。

f0167007_2014555.jpg




ともかくも、と彼女は思います。
「やりたいこと全部ができないのなら、
できることだけでもやっていくことだわ」







ユダヤ人迫害という悲惨な日々を体験し、その心の傷は決してやわらぐことはないけれど

f0167007_20152873.jpg









考え方ひとつでこんな穏やかな顔で過ごせることを教えてくれます。

f0167007_20155664.jpg








オレンジ色の帯紙をはずしてみると・・あらっ 想像がはずれ、
そこには、おばあさんの姿はなく、
アパルトマンの窓にポツンとひとつだけ灯りがともっていました。

f0167007_2016357.jpg








表紙とカバーが一体となった絵本は、
広げるとあの懐かしいパリの景色が一面に。


f0167007_20165976.jpg



隠れたところにもさりげないセンスが感じられる絵本です。







老いをどう生きていくか...私のこれからのテーマです。
少しずつ考えはじめています。
以前、まわりに愛されるおばあちゃんになりたいと話したことがありますが、→★<80歳になっても>プラス背筋が伸びたおばあちゃんになりたいな...と。

だって、しゃんと背筋が伸びたおばあちゃんになるには、
今から気をつけていないと絶対になれないですから。






素敵ですね♪ 岸惠子さん。

f0167007_20173452.jpg

                                     撮影:百瀬恒彦





綺麗にラッピングされて届けられた絵本『パリのおばあさんの物語』。

この絵本は、十数年来、お付き合いさせていただいている方が、
気に入って頂けるとうれしいなぁ・・と、
お気に入りの絵本を私にもプレゼントして下さったんです。

パリのおばあさんの物語にそのあたたかいお気持ちも加わって、
より素敵な絵本となって私の本棚に加わりました。

ありがとうございます♪
ずっと。。大切にしますー。






猛暑が続いています。 みなさん おからだご自愛くださいね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ





f0167007_20181185.jpg

by nono_ra | 2012-07-25 20:20 | アート | Comments(0)

美しい書に出会う




連休はいかがお過ごしですか・・・?


私は、金曜日の夜、
仲間とともにオクトーバーフェストを楽しみました♪




週末は、久しぶりに本屋さんでのんびり過ごし、気になる本を手に取りながら
ぱらぱらとページをめくっていました。

その中の一冊、「禅的シンプルライフ」の あるページをめくった瞬間、
心を揺さぶられるような美しい書に出会いました。


のびやかで柔らかな線、
子どもが無心に遊んでいる時のような自由な心で書かれた書。
それは自然体でありながら、心を捉えて離さない魅力に満ちていました。

書のことなど何もわからない私なのに、内心ドキドキ。。してしまったほど。
            
今を、、
そしてこれからのことを漠然と考えながら、ここ数日過ごしていたので、
この素晴らしい書に出会ったことが偶然ではないような気がして・・・
   


f0167007_13283668.jpg



























 良寛筆 
「君看双眼色 不語似無憂」






秋の気配も色濃くなり始め、素敵な本を身近に置いて
じっくりと自分と向き合う時間に充てたいと密かに思っています。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
by nono_ra | 2011-10-10 13:28 | アート | Comments(0)